薬剤師の求人サイトを利用したお陰で納得のいく転職ができました

結婚と昇進問題をきっかけに転職へ

結婚と昇進問題をきっかけに転職へ / コンサルタントとのやり取りで転職が具体的になった / 不安も悩みもあったが転職は成功だった

結婚を意識しはじめたことで薬剤師の転職を考え始めたのは、私が25歳の時でした。
その当時は某大手のドラッグストアの子会社の調剤薬局に勤めていて、入社して3年目で管理薬剤師として働いていた時期です。
求人を探しはじめたのは結婚を控えていたからですが、その時はまだ産休を取る人もほとんどいなくて時短制度などもない時代でした。
子供を産んでも働くのが当たり前の時代で出産しても会社を続ける人が多いのですが、出産すると現場で働くのが困難になるので移動する人がほとんどです。
そうした環境の中で働いていて私自身、結婚や出産をしても現場で働きたいという意志はありました。
転職するきっかけになったのは結婚だけでなく、会社からの扱いに疑問を持った点も大いに関係しています。
結婚する前のタイミングで店舗の移動があり、これまでは自宅から近かったのに通勤時間に2時間近くかかる遠い場所に移動させられたのです。
昇進があるなら移動も仕方ないと思ったのですが、会社からは同期の男性社員が局長になれていないので女性社員の君を先に上げるわけにはいかないと言われました。
男女間の社会進出の差は前から感じてはいましたが、2年近く局長と同様の仕事を任されていただけに納得がいきません。

薬剤師 求人薬剤師