車の運転 眠気覚まし

車の運転中に眠くなったらどうする?意外な眠気覚ましの方法とは?

眠気覚ましの方法

車の運転中は居眠り厳禁ですが、ついうとうとしてしまいそうになった時、どうすれば眠気覚ましができるんでしょう?

車の運転中に眠気を防止する意外な眠気覚ましの方法についてご紹介します。

まず車の運転中に眠気覚ましをするために、誰もが頼ってしまうのがカフェインじゃないでしょうか。

コーヒーを飲んだり、カフェイン入りのドリンクを飲んだり・・。

でもコーヒーには利尿作用もあるため、運転中にゴクゴク飲むのはちょっと不安ですよね。

もし眠気に襲われたら、大声で歌を歌ったり、窓を開けて室温を下げたりして目を覚ましましょう。

また普段からローズマリーやペパーミント、ユーカリなど眠気覚ましに効果のあるアロマオイルをハンカチか何かに垂らして携帯し、眠くなった時に香りをかぐというのも効果的です。

眠気を予防する方法

長距離ドライブになると、車の運転中に眠気に襲われることもありますよね。

そんな危険な眠気を防止するには、運転する時簡帯を考えてドライブすることも大事です。

午前や午後の3~4時は居眠り事故の多い時間帯なので、ドライブする時は、そういう時間帯を避けるようにしましょう。

それから夜の運転は眠気に襲われがちですが、明るい光に当たると眠気覚ましになるので、夜間の車の運転は、眠気覚ましのために、マメにサービスエリアやコンビニによって光に当たるよう心がけましょう。

また車の運転中の眠気覚まし、眠気予防としてはストレッチをしたり、ガムをかんだり、甘いものを食べたりするのも有効です。

眠くなった時の注意点

車の運転中に眠くなってしまった経験を持つ人って多いんじゃないでしょうか?

車の運転中の眠気覚ましには、様々な方法がありますが、車の運転で眠くなったら、まずすぐにできることは室温を冷やすことでしょう。

冷たい刺激は眠気覚ましに効果的ですから。

強い睡魔に襲われた時には、サービスエリアに立ち寄って仮眠するというのもいい方法です。

車の運転中、一時的に眠気覚ましができたとしても、疲れているとその場しのぎになってしまい、またすぐに眠気に襲われてしまうので、ムリな運転をせずこまめに休憩を入れるように注意しましょう。


ホーム サイトマップ