燃費のいい運転

燃費のいい運転のコツとは?車をよりたくさん走らせるための運転方法

燃費がよくなる運転とは?

燃費のいい運転をすれば、ガソリンの減りも少ないから経済的で環境にも優しいですね。

でも燃費のいい運転方法ってあるんでしょうか?

燃費のいい運転の基本は、むやみにアクセルやブレーキを踏まず、ムダな加速や減速をなくすこと。

車を常に一定速度で走らせるようにすることが燃費のいい運転方法です。

そのためには、車間距離を十分にとったり、エンジンブレーキを活用することが大事です。

またタイヤの空気圧を少し上げると、ころがり抵抗が少なくなり、燃費が良くなります。

街中でも燃費よく!

交通量の多いところでは、渋滞や信号などで加速、減速、停止が多くなり、どうしても燃費のいい運転がしにくくなってしまいます。

そんな街中で燃費のいい運転をするためには、だらだらと加速するより、短時間でスピーディーに加速して、そのまま車の速度を保つように走った方が燃費のいい運転になります。

街中でもできるだけ燃費のいい方法で車を運転したいなら、加速に気を付けることが大事なんですね。

燃費が悪くなる走り方に注意!

燃費のいい運転をする方法で走りたいなら、できるだけ燃費が悪くなる走り方をしないことが大事です。

燃費のいい運転になるための注意ポイントをまとめてみました。

まず燃費のいい運転方法としては急発進、急加速といった荒っぽい運転をしないこと。

長時間のアイドリングや空ぶかしなども禁物です。

それから、渋滞している道はできるだけ避けるようにしましょう。

また車に余分な荷物を積んだりして無駄に車体を重くすると燃費が悪くなってしまうので注意しましょう。


ホーム サイトマップ