雪道 運転

雪道での注意点!雪道を運転するときのコツとテクニックを解説!

雪道運転で気を付けること

雪道って、ちゃんと準備をして出かけても、運転方法によってはトラブルを起こす危険性も・・。

雪道で運転すると、考えている以上に路面が滑るので、乾いた道路と同じように操作していると、事故を起こしてしまいます。

雪道での運転は、コツやテクニックが必要なので、車間距離を多めにとったり、ゆっくりとアクセルを踏んで発進させたりして、安全運転を心がけましょう。

注意点を守って走行すれば、雪道運転でのリスクも小さくなります。

雪道運転のコツ

雪道で運転するにはちょっとしたコツやテクニックが必要になってきます。

乾いた路面とは違い、非常にスリップしやすく、コントロールしづらいので、雪道で運転する時には様々な注意点を守らなければいけません。

コツとしてはゆっくり発進したり、坂の途中では止まらないようにする、坂道ではフットブレーキやエンジンブレーキを活用して速度コントロールを行うことなどが重要です。

雪道での運転にはリスクが伴うため、タイヤチェーンを装着することはもちろん、急発進、急ハンドル、急制動などの操作は避けるようにしましょう。

雪道運転での失敗例と注意点

雪道運転では予想以上に車がスリップすることもあるので、注意点を守って運転していたつもりなのにトラブルを引き起こしてしまうことも・・。

雪道運転は、車線変更でステアリング操作をしてスリップする、急ブレーキを踏みスピンしてしまう、アクセルを踏み込みすぎてタイヤが空回りし、発進できないといったトラブルが多いようです。

こうした雪道での運転の失敗例に関する情報を前もって入手しておけば、雪道で運転する時の注意点も自然に分かってくるはず・・。

雪道運転のリスクを常に頭におきながら、失敗例を元に、雪道運転でのコツやテクニックを自分の頭にしっかりたたきこむことが事故を起こさないための第一歩かもしれません。


ホーム サイトマップ